契約社員がお金を借りるコツ

銀行や消費者金融会社などの金融機関からお金を借入れする場合には、正社員として働いていることが理想的です。正社員だと、安定した収入があるとみなされるので、審査にも通りやすくなるのです。しかし、近年では様々な形態での働き方があり、正社員以外にも、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員など、いろいろな雇用形態で多くの人が働いています。このうち、契約社員として働いている人には、正社員ではないためにお金を借りづらいのではないかとうイメージがありますが、実はそんなことはありません。契約社員という雇用形態は、仕事の期間が決まっているということで、会社からの直接雇用となります。そのため、カードローンやキャッシングなどの借り入れ商品は、比較的借りやすくなっています。

契約社員がお金を借りるポイントですが、今すぐに必要がなくても、貯金などの蓄えがあまりなく将来的に契約が更新できなかった場合にお金を借りる必要が出てくる可能性がある人は、契約社員として働いているうちに、キャッシングやカードローンの申込手続きを済ませておくことをおすすめします。こうした借り入れ商品は、仕事をしている人は返済能力があると判断されるので借りやすいですが、契約が更新されずに無職になってしまうと、多くの場合でk借入審査落ちする可能性が高くなってしまいます。本当にお金が必要になった時に借りられなくなってしまうので、借りられるうちに手続きだけを済ませておき、本当に必要になった時に借りるというスタンスが良いでしょう。

契約社員がお金を借りる際には、いくつか注意点があります。まず、借入総額が50万円を超える場合には、申し込み者の年収額等を証明するために収入証明が必要になるので、あらかじめ準備しておかなければいけません。融資額が50万円以下の場合には、収入証明が不要と言う借入商品が多いので、手元に源泉徴収や納税証明書がなく、取り寄せるのに時間がかかりそうな場合には、50万円以下の借入金額で申し込んでみるという方法がおすすめです。また、消費者金融からの借入では総量規制の対象となるので、収入の3分の1を超えない範囲でしか借りることができません。収入の3分の1を超える金額で借り入れしたい場合には、総量規制対象外となる銀行からの借り入れ商品を探すことになりますが、銀行は審査が厳しいことが多いため、契約社員という働き方ではまとまった金額を借りることが難しい場合もあるかもしれません。あらかじめ理解しておきましょう。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved