主婦がお金借りるコツ

主婦と言っても、パートをして定期的な収入を得ている兼業主婦と、まったく収入がない専業主婦とでは、借金する場合にも借り方や審査の通り方が異なります。いずれの場合でも、正社員として安定した収入があるわけではないため、どんな借入れ商品でも簡単に貸し付け審査に通るというわけではありませんから、商品を選ぶ際には、主婦やフリーターなどのように収入が安定していない人でも借りられる商品を見つけることから始めましょう。

兼業主婦の場合には、金額は少なくても定期的な安定収入がありますから、審査には通りやすくなります。アルバイトやパートでも借りられるカードローンやキャッシング商品を選んで申し込みをすれば、返済能力の範囲内で審査に通る可能性があります。借入可能な金額はそれほど高くはありませんが、パートナーや配偶者に内緒で借りることができる点は大きな魅力と言えるでしょう。

専業主婦の場合には、主婦やフリーターでも借りられる商品を見つけなければいけません。収入がありませんから、審査にも通りにくくなりますが、主婦でもOK、主婦対象と謳われている借り入れ商品なら、少額でも審査に通る可能性があります。審査に通りやすい商品を選ぶポイントは、即日融資が可能なものを選んで利用すること。即日融資可能な商品の場合には、金融機関側も時間をかけてゆっくり審査ができないため、審査基準が他の商品よりも緩くなることが多くなります。そのため、審査に通りやすくなるというわけです。

旦那さんに内緒で借りたい場合には、あまり高額の借り入れ額は期待できません。しかし、パートナーの了承があれば、主婦でも借入金額がある程度まとまった金額で借入をすることは可能です。銀行でも消費者金融業者でも安定した収入を持つパートナーが連帯保証人となれば、主婦でもパートナーの収入に合わせた借り入れ上限まで借りることができます。ただし、その際には、在籍確認や在宅確認の電話連絡は自分自身ではなく夫の職場になるので、あらかじめ了解を得て同意書を提出してしたり了解を得ておかなければいけません。

主婦がお金借りる場合には、毎月どのように返済をするのか、しっかり計画を立ててから借りるようにしましょう。家計の中から負担したり返済する場合、いくらまでの返済額であれば家計を圧迫することなくやりくりできるのかをシミュレーションすることは大切ですし、家計を圧迫してしまうと遅かれ早かれ返済が難しくなってしまいますから、計画的に借りて、計画的に返済できるように心がけましょう。クレジットカードのキャッシング機能は翌月一括返済ですが、カードローンやキャッシング商品の場合には、毎月少しずつの返済となります。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved