無職の人がお金を借りる方法

お金を借りるのは銀行や消費者金融などの金融機関で担保や保証人なしで利用できますが、どの金融機関でも、借り入れ商品を申し込むと最初に利用対象者の審査が行われ、返済能力が慎重に検討されます。「返済能力」とは、つまり収入があるかどうか、その収入が安定しているかどうかということで、収入が少なくても正社員として働いている人は、審査に通りやすくなります。アルバイトやパートなど正社員でない場合には、銀行など審査が厳しい金融機関では審査に通りにくくなることもありますが、近年では安定した収入があればアルバイトやパートでも借りることができるカードローンやキャッシングなども多くラインナップされているので、正社員でなければ借りられないというわけではありません。

それでは無職の場合にはどうなるのでしょうか。無職の場合、収入がゼロになるため、非常に審査に通りにくくなってしまいます。しかし、無職の人でも急に現金が必要になることはありますし、職探しのための面接に行く交通費が必要になることもあるかもしれません。そのため、金融機関の中には、主婦やフリーターでも借りることができる金融商品がラインナップされています。どの金融機関からも必ずラインナップされているというわけではないので、よく調べて見つけることがコツです。

無職の場合、慎重に審査が行われるタイプの借入商品よりも、即日融資可能な商品を狙うという方法もあります。即日可能なカードローンやキャッシングの場合には、審査が他の場合よりも少し緩くなることが多いため、審査に通りやすくなります。また、専業主婦やフリーターのように収入が安定していない人や、収入がない人でも借り入れOKという商品もありますから、よく探してみてください。

貸金業者で借入れできる金額ですが、残念ながら無職の場合にはそれほど高額の借入は期待できません。借入額が50万円以下の場合には収入証明を提出する必要がありませんが、申し込み書には勤務先の電話番号なども記入しなければいけませんし、在籍確認も審査項目に入っていることが多いので、嘘をついてもすぐにばれてしまいます。無職の場合には、無職でも借りられる商品を探し、正直に申告して借りられる金額を借りることが賢い利用方法と言えるでしょう。1万円~3万円ぐらいなら無職でも審査に通る可能性がありますが、10万円を超える額での借り入れは基本的にはNGになっているようです。もちろん、仕事を得た後には限度額を上げてもらうことは可能です。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved