アルバイトがお金を借りるコツ

銀行や消費者金融からお金を借りる場合、基本的には正社員として安定した収入があることが、審査基準になっている金融商品が多いものです。そのため、いくら収入が多くても、アルバイトという雇用形態では審査落ちすることも多く、正社員と比べると借りにくいと言わざるを得ません。しかし、アルバイトという雇用形態でも正社員と同じような勤務時間で同じぐらい稼いでいる人もいますし、絶対に借りられないというわけではありません。アルバイトがお金を借りる場合には、どんな金融機関からどんな風に、いくらを借りるのか、そうしたポイントを押さえた申し込みが必要となります。

まず、金融商品を選ぶ際には、アルバイトでもOKと謳われている商品を選ぶようにしましょう。同じ金融会社からラインナップされている借り入れ商品でも、商品ごとに借り入れ条件は異なりますし、適用金利も異なります。「安定した収入がある人」と借り入れ条件になっている商品にアルバイトの人が申し込んでも、審査に落ちる可能性が高くなってしまいますが、「アルバイトでも利用可能」と明記されている商品なら、審査クリアする可能性はあるでしょう。商品選びによって、審査通過できるかどうかが大きく異なるのです。

また、アルバイトとして働いている人が借り入れ申込みする場合、申込者本人の収入証明が必要ない金額以内に借入希望額に抑えておくことも大切です。一般的には、融資希望額が50万円以内の借入だと収入証明は不要となっている商品が多いのですが、50万円以上の借入となると、どの金融機関でも必ず収入証明書の提出が必要となります。源泉徴収票や納税証明書などを提出することになるわけですが、収入証明が提出できないと審査が先に進みませんし、手元になければ役所に行って納税証明書や所得証明書を取り寄せるか、勤務先の職場から源泉徴収票を再発行してもらうなどの手続きも必要になります。手間がかかりますし借り入れまでに時間もかかってしまう事になるので、できるだけそうした手間を省くためにも、借入総額は50万円以下に抑えておくことが賢い借り方と言えます。

審査に通りやすい金融商品を探す際には、即日融資が可能な商品を選ぶこともポイントです。即日融資が可能な商品は、審査が他のものと比べると緩くなっていることが多く、アルバイトでも借入額が少額なら審査に通りやすい借り入れ商品もたくさんあります。まとまった金額を借りたいという場合にはアルバイトではなかなか難しいですが、1万円から3万円ぐらいの少額融資なら、アルバイトでも比較的即日融資してもらえる可能性があります。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved