学生がお金を借りる方法

学生生活でも、急にお金が必要になることはあります。サークルの飲み会や学校のイベントにお金が必要になることもあるでしょうし、恋人とのデートにお金が必要になることもあります。親や家族、友達に借金できない事情や状況もあるでしょう。銀行や消費者金融などの金融機関では、担保や保証人・連帯保証人なしで学生を対象とした借り入れ商品もラインナップされているので、学生でお金が必要になった場合には、いろいろな商品を比較検討してみて、賢い方法で借りたいものです。

学生なら誰でも借りられる方法は、学生を対象としたクレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使うという方法です。学生向けのクレジットカードは、収入がゼロの学生でも審査に通りやすくなっているので、学生証さえ提示できればすぐに作ることができます。そして、キャッシング機能をつけることもできますから、それを使って借りれば、借りるたびに審査を受けなくても気軽に借りられます。この場合、使用目的は制限されていないので、どんな目的で借りてもOKですし、翌月一括返済になっているので、翌月のアルバイトやお小遣いなどでサッと返済できるので便利です。

学生でも、アルバイトを続けていて定期的な収入がある人は、カードローン申込みやキャッシングでも申し込み手続きをして融資を受けることができる可能性があります。社会人向けのこうした金融商品は、安定収入がある申込者でなければ借りられませんから、学生ではいくらアルバイトで収入現があってもNGです。しかし、学生向けの商品なら、正社員として働いていなくても、アルバイトを続けていれば審査に通る可能性があります。短くても3か月ぐらい、長ければ1年間ぐらいの給料明細を提示することで「定期的な収入」を証明できますし、収入の金額によって借り入れ上限も異なるようです。ただし、50万円以上の借入となると収入証明が必要となり、その場合には学生のアルバイトでは審査には通らない可能性が高くなります。そのため、学生を対象とした借り入れ商品の多くは、借り入れ上限の限度額は小さめに設定されていて、多くても10万円ぐらいが目安となります。

学生がお金借りる場合には、学生を対象とした商品がおすすめです。学生向けの商品は、一般商品よりも金利が低く設定されていることも多いですし、毎月の返済も在学中には低めに設定してもらうことも可能です。ただし、学生と言っても借りたものは毎月返済期限がやってきますから、計画的に借りて計画的に返済できる額にとどめておきましょう。また、複数の商品を検討して、できるだけ金利が低いものを借りることもポイントです。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved