パートがお金を借りる方法

パートという雇用形態は、正社員とは違い非正規雇用という扱いになります。銀行や消費者金融会社などの金融機関からお金を借りる場合、正社員として働いて入れば信用度が高いので、審査にも通りやすくなるのですが、パートだとなかなか審査に通らなくなってしまいます。しかし、借り入れ商品の中には雇用形態を問わずに定期的な収入がある人なら審査に通る商品もありますし、パートでも借り入れOKな商品がありますから、お金を借りる場合には、そうした商品を探して申し込みをすると良いでしょう。

パートがお金を借りる際には、いくつか注意しておきたい点があります。まず一つ目は、借りやすいからと言って安易に何でも飛びつかないようにすることです。銀行よりも審査基準が緩い消費者金融でも、大手消費者金融業者の場合にはどんな借り入れ商品でも審査が行われますし、パートだとどうしても正社員よりも借りにくくなってしまう事は仕方がありません。しかし、雇用形態を問わずに誰でも好きなだけ貸してくれるような業者や、審査がいい加減な業者などは、闇金の疑いもあるので注意しなければいけません。ただ借りやすいというだけで借りてしまうと、後悔することにもなるので注意しましょう。

パートが審査に通りやすい金融商品の一つに、即日融資が可能な借入商品があります。カードローンやキャッシングなどが該当しますが、これらの商品は審査条件が緩くなるのでパートでも定期的な収入があれば借りることは可能です。特に少額の借入額で借りたいと思っている人なら、パートでも比較的審査に通る可能性が高くなりますから、狙い目と言えるでしょう。パートや専業主婦でもOKと明記されている借り入れ商品は、銀行や消費者金融からラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

銀行に預貯金口座を持っている人は、その銀行がラインナップしている借り入れ商品を利用してお金を借りることができる場合もあります。この場合には、その銀行口座が家賃の引き落としやパート代の振込口座などメイン口座として使われていると、審査にも有利になることがあるようです。銀行から借りることができれば、適用される金利は低金利になりますし、毎月の返済は銀行からの自動引き落としになるので、うっかり返済を忘れてしまう事も少なくなるのではないでしょうか。金額が50万円以上の借入となると、申込時に返済能力を調べるために年収等がわかる収入証明書が必要になったり、総量規制に引っ掛かる可能性があったりするのでパートだと借りにくいですが、少額ならパートでも比較的借りやすいようです。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved