派遣社員がお金を借りる方法

近年では、様々な雇用形態や勤務スタイルで多くの人達が働いています。正社員もあれば、アルバイトやパートなどの非正規雇用もありますし、派遣社員として仕事をしている人も大勢います。派遣社員の場合には、正社員のように福利厚生が手厚い企業から直接雇用されているわけではありませんし、手取りの給料も正社員と比べると少ないようです。そのため、派遣社員だとお金を借りる時にとても大変なのではないかと考える人が多いのですが、決してそういうわけではありません、派遣という働き方でも、融資審査通過をして融資を受けることは十分に可能です。

【参照】派遣会社に登録している人でもキャッシングは可能?

派遣社員の場合には、フルタイムと同じ時間で仕事をしていても、雇用先は勤務先の職場の企業ではなく、派遣業者となります。そのため、借り入れ商品の申込書を記入する時には、仕事先の情報を記入する際に、派遣会社を記入するべきか、それとも実際に仕事をしている派遣先を記入するべきか迷う所ではないでしょうか。申し込み用紙には、派遣先の企業名と派遣業者名のどちらも記入しなければいけないこともありますが、実際に審査として在籍確認の電話が行くのは、派遣元の派遣業者が多いようです。

ただし派遣業者は、派遣で働く人に対する電話を受けることに慣れていないため、在籍確認の電話を受け取っても「それは個人情報なので回答いたしかねます」と答えてしまうかもしれません。そうすると、審査にも通りにくくなってしまいますから、もしも派遣で働いている人が金融機関からの借入を申し込む場合には、派遣業者に一言、金融機関からの在籍確認の連絡があることを伝えておくと良いでしょう。在籍確認の電話は、カードローンやキャッシングなどの借入だけでなく、クレジットカードの申込みをしても行われる基本的なな審査項目の一つです。在籍確認の電話があったからといって、それが仕事に支障をきたすわけではないので安心してください。在籍確認の電話では、通常の場合、金融業者の担当者は社名を言わずに個人名で電話をかけてくることが一般的です。特に、消費者金融会社の場合には必ず個人名連絡がありますし、もしも男性、女性などリクエストがある場合には、借り入れを申し込む際にお願いしておくと、配慮してくれるので安心です。

借入商品の中には、在籍確認なしでも借りられる商品があります。もしも派遣業者に在籍確認の連絡をうっかり忘れてしまって、審査落ちすることになったら大変です。派遣業者へ在籍確認の電話が行くことに抵抗がある人なら、在籍確認なしの借入を見つけるというのも一つの方法です。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved