母子家庭はいくらまでお金を借りることができるのか?

配偶者のいない母子家庭だからと言って、銀行や消費者金融会社が「返済能力が低い」とみなすことはありません。しかし、金融機関は収入に合わせて返済できる金額のみしか貸付審査に通りませんから、収入に見合わない金額の借金を申し込んでも、審査落ちする可能性が高くなってしまいます。母子家庭がお金を借りる場合には、家庭の収入がいくらあるのかを正確に把握して、収入の3分の1を超えない範囲で申し込むのがポイントです。例えば、収入が300万円の人なら、その3分の1に当たる100万円までなら審査に通る可能性が高くなるというわけです。

また、借入金額が50万円を超える場合には、本人確認書類の他に利用者の収入証明の提出が条件になるので、申し込みの際には準備しておくと良いでしょう。収入証明と言うのは、源泉徴収票や給料明細、また納税証明書などになりますが、総量規制の計算を行う際に、収入がいくらぐらいあるのかを把握して借り入れ上限の限度額を計算しますから、たくさん借りたい場合には、できるだけ収入が多くあることを証明しなければいけません。毎月のお給料の他にボーナス支給がある場合には、ボーナス支給明細書も提出すれば収入が高くなりますから、その3分の1も高くなり、より多くの金額を借りやすくなります。

母子家庭でお金が必要になる場合、その目的はいろいろなものがあります。病気や怪我でまとまった治療費がかかってしまう事もあれば、引越し費用、子供の教育費や教育資金が高くついてしまう事もあるでしょう。また、場合によっては日常生活で不足している生活費を、お金を借りることで補いたい事もあるかもしれません。借りる目的によってピッタリの金融商品は異なりますから、たくさんの商品を比較検討しながら、できるだけ低金利で借りられるものを探しましょう。例えば、カードローンやキャッシングなどは、使用目的が自由で便利ですが、金利は少し高めになっているのが一般的です。一方、医療ローンや教育ローンなどは、使用目的が制限されている反面、低金利で借りることもできるので、毎月の返済を楽にすることもできます。ケースバイケースで、できるだけお得に低い利息で借りて支払い額を低く抑えることが、母子家庭でお金を借りる際のポイントと言えるでしょう。

また、借りる場合には、正社員として仕事をしていることが審査に通る理想的な雇用形態ですが、転職したばかりだったりすると、勤続年数が不足するために審査落ちする可能性が高くなります。転職することが分かっていて、お金を借りる必要があるかもしれない場合には、転職前に借りておき、ニーズに合わせて引き出す方法がおすすめです。

 
Copyright © 2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved