お仕事別のキャッシングマニュアル

正社員、パート、アルバイトから派遣社員まで色々な職業別でカードローンの審査や金利など借入方法についての注意点とアドバイス

お金を借りる方法についてのアドバイス

お金を借りる方法はいろいろあります。親や家族、友達から借りる方法もありますが、人に頼むことに抵抗がある人も多いですし、他人に迷惑をかけたくないと考えている人も多いでしょう。

そんな時には、銀行や消費者金融などの金融機関からサッと借りる方法が便利です。もちろん保証人も担保も必要ありません。金融機関ではカードローンやキャッシングなど、使用目的が制限されていない借り入れ商品もありますし、医療費や教育資金などのように使用目的がはっきりしている場合には、低金利で借り入れることも可能です。

お金を借りたい場合には、何のためにいくら必要なのかをはっきりさせてから、金融商品をチェックしてみると良いでしょう。

「今月はお小遣いが足りない」「まとまった現金が今すぐに必要」という生活資金不足や生活費のための借入の場合には、銀行や消費者金融からラインナップされている即日融資可能な商品をチェックしてみると良いでしょう。

即日融資可能な商品は、申し込み手続きをしてから融資を受け取るまでに時間がかからず、最短で当日に受け取ることができるので、急いでいる時にはピッタリです。ただし、そういった商品でも、申し込みをすると最初に貸付の審査が行われますし、その際には身分証明書などの本人確認書類を提出しなければいけない書類もあります。

どのような書類が必要なのかは金融機関ごとに異なりますから、申し込みの際には必要書類などの点もあらかじめチェックして、スムーズに審査が行えるように準備をしておきたいものです。もしも必要な書類が揃っていないと、即日融資可能な商品でも書類が揃ってからの審査になるため時間がかかってしまう可能性があるため、この点は気をつけてください。

>> 即日でもOKのキャッシング会社はこちらで確認することが出来ます

借入商品を選ぶ際には、金利をチェックするのを忘れずに行いたいものです。銀行から借り入れをした方が消費者金融よりも低金利で借りられる商品が多く、目安としては消費者金融よりも3%~5%ぐらい低めの金利で借りることができることが多いようです。

もちろん、借り入れの金額によっても金利は異なりますし、借り入れ商品ごとに金利が異なりますから、たくさんの商品を比較検討することが必要です。

一般的に金利が高めの消費者金融会社でも、上手に工夫して借りると、かなり低い金利で借りることも可能です。それは、キャンペーンを利用するという方法です。消費者金融の多くは無利子期間が設定されていて、その返済期間内に完済すると、実質金利は0%で借りることができます。

いつでも自由に利用できるというわけではなく、初回申し込みの融資に限定されていることが多いのですが、今回初めてお金を消費者金融から借りるけれど、すぐに仕事等で収入を得て完済できる予定があるという場合には、ぜひ利用してみると良いでしょう。実質金利が0%なら、銀行から借りるよりもずっとお得に借りられます。

 
Copyright ©2015 職業別で見るお金を借りる方法まとめ. All rights reserved